イベントレポート

主催・参加したセミナーやイベント等のレポート

TOEFL iBT® テストスキルアップセミナー at 明治大学」開催報告


TOEFL事業部

2013年10月18日(金)17時~19時、明治大学和泉キャンパス第一校舎504号室にてETS Authorized Propell Trainerであり立命館アジア太平洋大学で教鞭を執っていらっしゃる五十峰聖先生によるTOEFL iBT® テストスキルアップセミナーを開催しました。当日は明治大学、大学院の学生が参加しました。

TOEFL iBT® スキルアップセミナー at 明治大学

はじめに五十峰先生が自己紹介を行い、その後先生の指示で2~3名のグループを作り、アイスブレーカーとして自己紹介と現在のTOEFL®テストの勉強方法などについて話し合っていただきました。参加者同士が打ち解けリラックスしたところでセミナーの開始です。五十峰先生は時折ジョークを交えながらフレンドリーに語りかけ、参加者も笑顔を見せながら大変良い雰囲気でセミナーがはじまりました。

今回のセミナー参加者は学内プレースメントや協定校派遣などに使われるTOEFL ITP® テスト(Institutional Testing Program:ペーパー形式の団体向けテストプログラム)の受験経験者が多かったため、最初にTOEFL ITPテストと今回のセミナーの目的であるTOEFL iBTテスト(Internet-Based Testing:インターネット版TOEFLテスト)の概要と違いについて触れられ、TOEFL iBTテストがどのような試験なのかを参加者に理解してもらったうえで、各セクションの説明となりました。

リーディングセクションとリスニングセクションについては、TOEFL ITPテストと異なる部分、共通する部分をとてもわかりやすく解説していただきました。両セクションの学習の進め方についても触れられ、多くの参加者が真剣にメモを取っていました。

TOEFL iBT® スキルアップセミナー at 明治大学

今回のメインとなったスピーキングセクションでは、まず、五十峰先生より問題の構成と解答のポイントについて説明がありました。その後、アイスブレーカーで組んだ2~3名のグループの中でスピーキングを行う参加者とそれを聞きフィードバックを行う参加者とに分かれ、サンプル問題を解くという体験型でセミナーが進められました。問題ごとに役割を交代し、出題される6つのタスク全てを体験しました。参加者は最初話すことを恥ずかしそうにしていたものの、皆一生懸命サンプル問題に取り組んでいました。そして、各問題の体験後には五十峰先生による問題攻略法が詳細に説明されました。

ライティングセクションは2種類の問題の概要、出題される問題のタイプについて説明がありました。また、そのサンプル問題の1つを体験し、解説をいただきました。

最後に、学習に役立つ教材としてTOEFL iBTテストの模擬試験であるTOEFL iBT® Complete Practice Test(*)が紹介されました。

五十峰先生の説明はわかりやすく、また、体験型のセミナーであったため、終始良い雰囲気で2時間があっという間に過ぎました。参加者にとってTOEFL iBTテストについての知識が深まり、たくさんの情報を得ることができ、充実したセミナーになったはずです。セミナーが終わった後には学習方法について先生のもとへ質問に来る熱心な参加者もいました。明治大学の担当の方からは、「またこのような機会を設けたい。」とのお言葉をいただき、大変有意義なセミナーになりました。

* TOEFL iBT® Complete Practice Test
 TOEFL iBTテストの過去問題を使用した模擬テスト(有料)。インターネット接続および定められた要件を満たして
 いるパソコンで受験することができます。

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。