イベントレポート

主催・参加したセミナーやイベント等のレポート

留学ジャーナル主催「ワールド留学フェア2014春」東京会場 参加報告


TOEFL事業部

日時:2014年5月11日(日)11時-17時30分
会場:ベルサール新宿グランド
参加人数:1,427名
Webサイト:http://www.ryugaku.co.jp/spot/worldfair/tokyo.html

昨年秋に初めて参加した留学ジャーナル主催「ワールド留学フェア」。
前回は台風のような天候でしたが、今回は春らしい陽気に恵まれ、多くの方が留学の夢に一歩近づくためにご来場されました。
留学を実現するためには、英語能力試験は避けられません。TOEFL® テストは世界基準で行われている英語能力テストの中で最も歴史と実績のあるテストで、現在130か国以上9,000以上の機関でそのスコアが受け入れられています。そのTOEFLテスト受験に関する疑問や不安を解消するために、ブース出展及び説明会を行いました。

来場者と参加団体が多く話せる機会を持てるよう、今回のワールド留学フェアもスタンプラリーを用意していました。ブースでスタンプを押してもらうと景品(TOEFLテストのブースではETS特製TOEFL Test Bagを用意しました)がもらえ、5つ以上のブースを回った方の中から抽選で東京ディズニーリゾートのチケットが当たるイベントも催され、大いに盛り上がりました。

留学ジャーナル主催「ワールド留学フェア2014春」東京会場 参加報告

ブース出展

フェア開始の11時から終了の17時30分まで、100名以上の方にご来訪いただきました。高校留学を目指している方から大学院留学まで、また短期留学や英語力の証明としてなどTOEFLテストを受験する目的は多種多様でしたが、今回のフェアでは特に「勉強法」について詳しく質問される方が非常に多かったです。
勉強法としてはやはり「どのような問題があるのか」「どのレベルの問題が出るのか」を調べるのが先決です。そのためにもTOEFLテスト主催団体ETSが作成している公式テキスト「The Official Guide to the TOEFL® Test, 4th Edition」を入手していただくことをおすすめしました。こちらは全て実際のTOEFL iBT® テストで使用された過去問が使われており、問題形式とレベルを知るには最適の教材といえます。TOEFL iBTテスト受験者必携の一冊と言っても過言ではないでしょう。

テスト予約を完了し直前対策をされている方にはオンライン模擬試験「TOEFL iBT® Complete Practice Test」をご紹介しました。画面操作・出題形式も本番と同じですので、テスト本番で操作方法に戸惑わないためにも、テストを控えている方には是非活用していただきたい教材です。全て実際のテストで出題された過去問で構成されているので、問題のレベルも本番と同じ。なにより、ReadingとListeningだけでなく、SpeakingとWritingに関しても即時採点されることが他のTOEFLテスト教材にはない魅力です。

またブースにご来訪いただいた方にはTOEFL iBTテスト受験者をサポートするために始まったLINEアカウントをご紹介しました。「@toefl」と“お友だち”になっていただくと、TOEFL iBTテストに関する最新情報やイベント・セミナーのお知らせ、英語学習のお役立ち情報を入手することができます。例えば、Webマガジンで「ETS公認トレーナー直伝TOEFL iBT® テスト対策、ここがポイント!」が月1回更新された時には、メッセージが送られてきますので、最新のTOEFL iBTテスト対策を入手してご自身の勉強に是非役立てていただきたいと思います。

留学ジャーナル主催「ワールド留学フェア2014春」東京会場 参加報告 留学ジャーナル主催「ワールド留学フェア2014春」東京会場 参加報告

 

 

 

 

 

 

留学準備ミニ講座 ―TOEFL iBTテスト説明会―

用意された席は開始時にほとんど埋まってしまうほど、多くの方にご参加いただきました。まず「なぜ英語能力テストとしてTOEFLテストは留学志願者に選ばれているのか」をご説明した後、TOEFL iBTテストの問題構成・概要、申込方法・その際の注意点、そして情報収集の仕方という順番でお話ししました。

問題構成のお話しの中で、ListeningとSpeakingの例題を実際に聞いていただきました。その際、会場周辺は賑やかで音声を聞き取り辛かったにもかかわらず、どなたも真剣に耳を傾けている姿が印象的でした。実際のTOEFL iBTテスト受験時も、どのような環境・状況においても問題に集中することが大切です。TOEFL iBTテストは受験者によってチェックインのタイミングが異なるため、自分が既にReadingを開始している中、遅く来た方が隣でCheck-in作業をしていることもあります。もしくは自分がWritingをしている中、隣の人がSpeakingの問題を解いていることもあります。初受験時は非常に戸惑うとは思いますが、それでも全神経を目の前にある問題に傾け、周りの雑音を耳に入れないよう集中力を高めることが、TOEFL iBTテストを攻略する1つのカギです。

申込方法の部分では、3つのポイントを重点的にお話ししました。

  • 1. お申し込みの前に受験要綱(Bulletin)を確認すること
  • 2. 身分証明書(ID)は原則的に有効期限内のパスポートなので、できれば申込前に用意すること
  • 3. 試験当日に身分証明書を絶対に忘れないこと
    ETSが定めるIDの中で、1点で有効の身分証明書は有効期限内のパスポートのみです。確実に受験していただくためにも、申込前にパスポート取得していただくことをおすすめしました。もし試験当日に指定のIDを忘れてしまうと、どんな理由であろうと受験は許されません。受験料の返金ももちろんございませんので、忘れないように十分に注意してください。

留学ジャーナル主催「ワールド留学フェア2014春」東京会場 参加報告

まとめ

勉強法についてお話しすることが多かった今回のワールド留学フェア。TOEFL iBTテストで高得点を獲得している方たちのお話しを聞くと、“Rome wasn’t built in a day.”というように、やはり毎日継続して勉強する事の大切さを思い知ります。直接お話しさせていただいた方には「留学先にいる自分を思い浮かべ、その姿をモチベーションにして、毎日少しずつでもTOEFLテストのために勉強をしてください。」とお願いしました。来場された方の目標が達成できますよう、心より願っております。

これからも留学フェアに参加し、留学志望者の方を応援し続けます。ご興味がある方はぜひ参加するフェアにご来場いただき、話を聞きにきてください。

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。