• トップページ
  • For Educators
  • イベントレポート
  • 第61回 在名古屋米国領事館主催「アメリカ留学フェア2016 in 名古屋」&在福岡米国領事館・福岡県国際交流センター共催「留学体験レポートひろば&米国カレッジ・フェアin FUKUOKA」参加報告

イベントレポート

主催・参加したセミナーやイベント等のレポート

第61回 在名古屋米国領事館主催「アメリカ留学フェア2016 in 名古屋」&在福岡米国領事館・福岡県国際交流センター共催「留学体験レポートひろば&米国カレッジ・フェアin FUKUOKA」参加報告


TOEFL事業部

当協議会は今年9月に東京、名古屋、福岡で行われたアメリカ大使館・領事館主催・共催のフェアに参加し、多くのTOEFL iBT® テスト受験者とお話しすることができました。
イベントレポートではそのフェアの様子を全2回にわたりダイジェストでお知らせしています。前編では東京で開催されたアメリカ留学Expo2016についてお届けしましたが、後編では名古屋と福岡で開催されたフェアの様子をレポートします。

9月11日(日)名古屋「アメリカ留学フェア2016 in 名古屋」

名古屋で初めて開催された留学フェア。会場である名古屋国際センター別棟ホールにはアメリカの大学約35校が集まり、13:00~16:00と比較的短い開催時間であったのにも関わらず、多くの方が来場されていました。

9月11日(日)名古屋「アメリカ留学フェア2016 in 名古屋」

当協議会はブース対応に加え、TOEFL iBTテスト説明会も実施しました。
TOEFL iBTテスト説明会ではテスト概要説明だけでなく、実際の問題やサンプルアンサーを見聞きしていただく機会や、TOEFL® テストの勉強を進めていく上で役に立つサイトや資料等をご案内する時間を設け、できるだけ多くの有益な情報を提供するよう努めています。今回の説明会においても熱心にメモを取っていらっしゃった参加者の姿は大変印象的でした。ただ、20分という限られた時間ではどうしても私どもからの一方的なものとなってしまいます。

そこで参加者の方々に有効にご利用いただきたいのがブースです。ブースに来ていただくと、来訪者お一人おひとりのご質問やご相談にお答えすることが可能です。

9月11日(日)名古屋「アメリカ留学フェア2016 in 名古屋」

名古屋の会場では32名の方がブースに立ち寄ってくださいました。「TOEFLテストの勉強をこれから始めるが、何から始めればいいか」「大学院進学を考えていてこれまでにTOEFL iBTテストを複数回受けているが、スコアが伸び悩んでいる。どうしたらいいか」「TOEFL ITP®テストのスコアで交換留学に行った後正規留学を考えているが、TOEFL iBTテストの勉強はした方がいいか」など、様々なご質問やご相談をいただきました。TOEFL® Test Taker GUIDE(TOEFL iBT®テスト受験案内<日本語版>)を使い、状況に応じてTOEFL® Web Magazineの記事などもご紹介しながらきめ細やかにお答えすることで、すっきりした気分になってブースを後にされる来訪者も多く、改めてブースでお話しすることの意義を感じました。

フェア参加の際にはどんなご質問やご相談でもいいので、当協議会のブースにぜひお立ち寄りください。

9月17日(土)福岡「留学体験レポートひろば&米国カレッジ・フェアin FUKUOKA」

福岡のフェアは、アメリカ領事館と福岡県国際交流センターとの共催で行われました。午前、午後でイベント内容が異なり、当協議会は午前の部に参加しました。

福岡県はハワイ州と姉妹提携をしていることから、午前の部は「ハワイ編」と称して、ハワイ州知事夫人や在福岡米領事館総領事の挨拶、ハワイ州への交換留学体験者の発表など、ハワイ中心の内容でまとめられていました。その中で実施したTOEFLテスト説明会では、交換留学体験者がTOEFL ITPテストスコアを利用したとの話を受けて、TOEFL ITPテストとTOEFL iBTテストの相違点もお伝えしながら、各セクション(Reading、Listening、Speaking、Writing)の概要、受験上の注意事項、スコアの受取方法、情報収集などについてご説明しました。
説明会後は1時間半程度のブース対応を行いました。当協議会のブースに来訪された方はいずれもアメリカの大学進学を目指す高校生(またはその保護者)たちで、九州エリアにおいても、特に高校生における海外進学に対する意識の変化のようなものが感じられました。

午後の部は「本土編」という形で、領事館EducationUSA留学アドバイザーの話を聞いたり、アメリカ大学担当者に直接相談したりできる時間が設けられ、セミナーの会場や個別相談ブースには多くの人が訪れたようです。領事館では、来年の春頃にもこのようなフェアの開催を予定されているとのことです。今回来られなかった方はぜひお越しください。

当協議会が参加したアメリカ留学フェアの様子を前編・後編と2回に分けてお届けしました。いかがでしたでしょうか。

TOEFLテストは1964年にアメリカで誕生して、今や世界165か国・9,000以上の団体で利用されているテストです。TOEFL iBTテストを使って、アメリカ留学の夢を叶えましょう!

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。